NPO法人カメネットワークジャパン スタッフブログ/カメら目線

カメネットワークジャパンの活動など、カメ(とカメにかかわる人たち)の目線でいろいろお伝えします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いきものワンダースタジアム 夏休みイベントプログラム『カメのひ・み・つ!?』

東京ガス 環境エネルギー館では夏休みイベント『いきものワンダースタジアム』が(7/21~8/26)まで開催されています。

8/25(土)26(日)に 夏休みイベントプログラム『カメのひ・み・つ!?』が開催されます。
講師:NPO法人カメネットワークジャパン

・時間 (1)10:30~ (2)13:00~ (3)15:00~ (各回約45分)
・対象 小学生未満は保護者同伴。
・会場 1階エントランスホール

夏休みも終盤。クイズに挑戦して、カメについて詳しくなろう!

| お知らせ | 10:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アースウォッチ・ジャパン国内プロジェクト 「固有種ニホンイシガメの保全」参加者募集開始です!

アースウォッチ・ジャパン国内プロジェクト 「固有種ニホンイシガメの保全」の詳細が決まりました。


日程:チーム1:2012年2月18日(土)~19日(日)[1泊2日]
   チーム2:2012年2月25日(土)~26日(日)[1泊2日]
研究分担金:2,500円

当会の代表理事でもあり、本調査の主任研究者の小菅らにより1993年より継続的に越冬期の調査が行われています。この調査地には、日本固有種であるニホンイシガメ(以下:イシガメ)とクサガメが生息していますが、河川に新しい橋を渡すため河床を一部掘削し護岸が施され、また、水田を分割するように道路の建設が始まりました。

これらの人為的な環境の改変が淡水性のカメの生態にどういう影響を与えているのかを明らかにするため、継続的な調査をしています。また、こうした人的な環境の改変に加えて外来種の侵入による影響で、淡水性カメ類は個体数が減っていると指摘されていますが、過去の生息数に関する知見は乏しい状況です。この状況の追跡調査も行います。


本プロジェクトの詳細はこちらをご参照ください。

皆さんのご参加、お待ちしております!

| お知らせ | 23:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第13回日本カメ会議 開催のご案内

「第13回日本カメ会議」開催

 下の要領で今年もカメ会議を開催します。奮って参加してください。日本の自然に生きるカメたちについて楽しく元気に語り合いましょう。

【主催】日本カメ自然誌研究会
【後援】埼玉県立川の博物館
【場所】埼玉県立川の博物館 本館2F ふれあいホール
    〒369-1217 埼玉県大里郡寄居町小園39
    電話:048-581-8739(13回大会担当:藤田)
    FAX:048-581-7332
    ・東武鉄道・東上線(池袋駅より約90分)
      「鉢形駅」より徒歩20分
(徒歩詳細ルートは13回大会事務局へお問い合わせください)
    ・関越自動車道 花園ICより約10分
【スケジュール】
  2011年12月10日(土)
    12:30 受付開始
    13:00 開会
        基調講演:佐藤方博氏(認定NPO法人生態工房)
       ●外来カメ防除活動についてお話をいただきます
        各地からの報告
    17:00 大会1日目閉会
    17:30 懇親会場へ移動(送迎バス乗車:於かんぽの宿寄居)
    18:30 懇親会
  2011年12月11日(日)
    9:00 受付開始
    9:30 各地からの報告
       まとめ
    12:30 閉会
  ※昼食後、博物館館内見学・グッズ販売コーナー
【参加費など】
  会議参加費:一般2000円
        院生・学生1000円
        高校生以下無料
   懇親会費:一 般 5,000円
        院生・学生・高校生以下3,500円
   宿泊(懇親会参加者斡旋):かんぽの宿寄居 6,500円(朝食付き)
  
【発表方法】
 1)パソコンでのプレゼンテーション
    Microsoftパワーポイント(一般的なプレゼンテーション)
    Microsoftワード(文書をスクロール)
    jpg(写真を次々に見せる)
 以上のアプリケーション(データ)の場合には、データをCDかUSBメモリーで持参してください。上記以外のアプリケーションを使う場合には、ご自身のパソコンを持参するか、主催者に相談してください。発表は質疑応答を含めて15分以内としてください。
 2)写真や原稿などの印刷物を使う場合
   資料を持参してください。主催者の方でスクリーンに投影できるように
します。
 3)ポスター展示
   ポスターを持参してください。展示した上で、解説をしていただきます。

【参加申し込み】
 Eメールかハガキで、氏名、身分(一般男子/一般女子/院生・学生/生徒・児童)、住所、電話番号、Eメールアドレス、発表するかしないか、する場合の発表の演題(仮題でも可)、発表の方法を連絡してください。
Eメールの場合、件名(タイトル)を「カメ会議参加申し込み」としてください。
※締切日:参加は12月3日(必着)、発表は11月20日(必着)

 Eメールのアドレスは hiroyuki_fujita@river-museum.jp です。
 ハガキの宛先は 〒369-1217 埼玉県大里郡寄居町小園39 
埼玉県立川の博物館 藤田宏之 です。

| お知らせ | 14:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

セミナー「固有種 ニホンイシガメは今」 開催のご案内

自然環境情報ひろば 丸の内さえずり館では

2月18日(金)~3月30日(水)まで
認定NPO法人 生態工房 主催による
カメはつらいよ~忍び寄る外来生物問題

という企画展示が行われています。
この企画展示の関連イベントとして、
セミナーが行われます。

その第1回目のセミナーとして、

2/21 月曜日、19:00~20:30 に
固有種ニホンイシガメは今

が行われます。

当会の小菅(代表理事)と
小林(理事・東京大学大学院 農学生命科学研究科 農学特定研究員)が
ニホンイシガメなど淡水性カメ類の現状などについてお伝えいたします。
参加費は500円です。

定員は40名で、事前申込みが必要となります。

電話もしくはEメールでの申し込みとなります。
申し込み先など詳細はこちら

平日月曜の夜19時スタートです。
さえずり館は新有楽町ビル1Fの中にあります。

最寄駅は
JR 「有楽町駅」 日比谷口より徒歩1分
JR 「東京駅」 丸の内南口より徒歩約10分
東京メトロ 「有楽町駅」 または 「日比谷駅」 D2出口直結

です。
会社帰りなどにぜひご参加ください。

| お知らせ | 17:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アースウオッチ・ジャパン国内プロジェクト 「固有種ニホンイシガメの保全」募集中です。

アースウオッチ・ジャパン国内プロジェクト 「固有種ニホンイシガメの保全」の詳細が決まりました。

チーム1:2月5日(土)~6日(日) 一泊二日
チーム2:2月12日(土)~13日(日) 一泊二日


分担金:チーム1 16,000円 チーム2 17,500円
※宿泊部屋の関係でチームにより値段が変わります。

詳細は下記ページをご覧ください。
http://www.earthwatch.jp/project/projectlist/japan/i-turtle/

| お知らせ | 21:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。