NPO法人カメネットワークジャパン スタッフブログ/カメら目線

カメネットワークジャパンの活動など、カメ(とカメにかかわる人たち)の目線でいろいろお伝えします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

9/15読売新聞:徳島・小松島でウミガメ保護…ごみ回収作業中に

写真付き記事はこちら

国土交通省小松島港湾・空港整備事務所の海面清掃船「みずき」が、徳島県小松島市和田島沖で、浮遊ごみの回収作業中に、アカウミガメ1匹を保護した。カメはあまり泳ぐことができなかったため、同事務所の連絡を受けた美波町の日和佐うみがめ博物館「カレッタ」に運ばれた。

 清掃船のごみ回収用のコンテナに、材木などのごみと一緒に、アカウミガメが入っているのを、乗組員が見つけた。一度、海に戻したが、元気がない様子だったので、カレッタに相談し、再び、カメを引き揚げた。

 カレッタによると、カメの後ろ足に付けられたタグから、「水産総合研究センター」石垣支所(沖縄県石垣市)が、8月2日に放流したアカウミガメ19匹のうちの1匹。カメは3歳で甲羅の長さが40センチで、目立ったけがはなく、少し呼吸の乱れはあるがサバやカマスの切り身を与えるとたくさん食べている。豊崎浩司館長は「しばらく飼育し、健康状態を見てから海に返すことになるでしょう」と話している。
スポンサーサイト

| ニュース | 08:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kamenetworkjapan.blog28.fc2.com/tb.php/72-2ad7d0d2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。