NPO法人カメネットワークジャパン スタッフブログ/カメら目線

カメネットワークジャパンの活動など、カメ(とカメにかかわる人たち)の目線でいろいろお伝えします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

8/7読売新聞:交雑カメを展示 ハナガメとニホンイシガメ、15日まで名城公園

写真付き本文はこちら

中国・台湾原産のハナガメと在来種のニホンイシガメとが交雑したカメが名古屋市内で見つかり、同市北区名城の名城公園フラワープラザで開催中の「なごやの里山とため池の自然展」で展示されている。

 交雑カメは、首の模様が波打っていて、甲羅の腹側がオレンジ色っぽく見える。昭和区のため池「隼人池」で2009年9月、市や研究者、市民団体が共同調査して2匹を捕獲した。ハナガメとニホンイシガメの特徴が入り交じっており、愛知学泉大学の矢部隆教授が京都大に依頼して遺伝子を調べたところ、交雑カメと判明した。

 ハナガメは飼育用として日本に持ち込まれ、環境省から要注意外来生物に指定されている。矢部教授によると、ハナガメとニホンイシガメの交雑カメの発見は国内で初めてで、「交雑カメが増えると、純粋なニホンイシガメが激減する恐れがある。交雑カメに繁殖能力があるか調べたい」と話している。

 同展は15日まで(9日は休館)。
スポンサーサイト

| ニュース | 19:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kamenetworkjapan.blog28.fc2.com/tb.php/67-cd738d43

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。