NPO法人カメネットワークジャパン スタッフブログ/カメら目線

カメネットワークジャパンの活動など、カメ(とカメにかかわる人たち)の目線でいろいろお伝えします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

7/16毎日新聞:閑想閑話:「自然界の生き物ですから、特別、愛称は付けませんでした」… /島根

7/16毎日新聞より 本文はこちら

「自然界の生き物ですから、特別、愛称は付けませんでした」。宍道湖自然館ゴビウス(出雲市園町)の飼育技師、寺岡誠二さん(38)は、私の問いかけにそう答えました。出雲市沖の日本海で保護され、先月、海に還されたアオウミガメ(雌、推定6~7歳)の話を後日、聞いたときのことです▲アオウミガメは、伊豆諸島や小笠原諸島の近海に多く生息します。そのカメがどうして日本海側の島根にたどり着いたのか? 今年3月に保護された時には衰弱しきっていたそうですから、よほどの距離を泳いできたのでしょう。そして、寺岡さんたちの懸命な努力で元気を取り戻し、「古里」に帰って行きました▲東京・多摩川に現れたアゴヒゲアザラシ「タマちゃん」が、人気を呼んだことがありました。神戸で高校生活を送っていた私は、連日の過熱報道に違和感も感じましたが、その自分が、同じ感覚で質問していたことがちょっぴり恥ずかしかった。上辺だけの取材にならないよう、気を付けたいものです。
スポンサーサイト

| ニュース | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kamenetworkjapan.blog28.fc2.com/tb.php/57-7dd13625

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。