NPO法人カメネットワークジャパン スタッフブログ/カメら目線

カメネットワークジャパンの活動など、カメ(とカメにかかわる人たち)の目線でいろいろお伝えします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

7/7読売新聞:遺失カメ誤放流、2週間かけ発見…神戸・長田署

7/7読売新聞より 本文はこちら

長田署に遺失届が出されていたペットのカメが、神戸市長田区の交番に届けられたにもかかわらず、署員が知らずに、近くの公園の人工池に放流した問題があり、同署は約2週間にわたって“捜索”を続けた末、カメを見つけ出し、飼い主に引き渡した。

 同署によると、6月23日午前、長田区の夫婦から「飼っているカメがいなくなった」と通報があり、同署が遺失物として受理。同日夜、別の住民が路上でカメを拾い、同署上池田交番に持ち込んだ。しかし、交番の署員は遺失届の受理を知らず、「珍しい種類ではない」と判断、近くの西代蓮池公園の池に放した。

 体長約20センチとペットのカメと大きさが似ていたことから、署は捜索を開始。3人がかりで連日池に入ったり、市立須磨海浜水族園(須磨区)に聞いて、カメの捕獲用わなを仕掛けたりした。5日夕、わなにかかっているカメを発見。飼い主が確認した。

 同署の大路伸一副署長は「連絡の不備で迷惑をかけた。見つかって良かった」と話している。
スポンサーサイト

| ニュース | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kamenetworkjapan.blog28.fc2.com/tb.php/47-ac388f1d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。