NPO法人カメネットワークジャパン スタッフブログ/カメら目線

カメネットワークジャパンの活動など、カメ(とカメにかかわる人たち)の目線でいろいろお伝えします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

6/22朝日新聞:落書きカメ、外来種だった 堀に戻せる?扱い困る県

写真付き記事はこちら

甲羅に白い塗料で「カメデス」と落書きされたカメが甲府市の舞鶴城公園の堀で見つかり、山梨県が保護した。しかしこのカメ、生態系に悪影響があるとして環境省が「要注意外来生物」に指定するミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)とわかり、扱いに困っている。脱皮して落書きが消えるまでは県水産技術センターで預かるが、堀に戻すことに異論も出ている。

 舞鶴城公園は甲府駅に近い観光名所。「虐待ではないか」との声に押され、公園を管理する県都市計画課が16日に保護した。ところが捕獲作戦の報道を見た市民らから今度は「外来種のカメを堀に戻すな」などという意見が20件ほど寄せられたという。

 アカミミガメは外来生物法で放流が禁止される「特定外来生物」ではないが、在来種を駆逐すると指摘されている。露店などで売られ、ペットとして飼われたものが放されたらしい。堀には在来種、外来種を含め大小20匹以上のカメがいる。県の担当者は「ずっと預かるわけにもいかない。堀に戻すか、個人に飼ってもらうか。難問です」と悩んでいる。


同様の記事が山梨日日新聞にも掲載されていました。
山梨日日新聞の記事はこちら
スポンサーサイト

| ニュース | 19:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kamenetworkjapan.blog28.fc2.com/tb.php/38-a38c600e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。