NPO法人カメネットワークジャパン スタッフブログ/カメら目線

カメネットワークジャパンの活動など、カメ(とカメにかかわる人たち)の目線でいろいろお伝えします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

6/20西日本新聞:「飼っているカメを池に捨てる人がいて、困っているんです」

記事はこちら

 「飼っているカメを池に捨てる人がいて、困っているんです」。福岡市内のある神社の関係者が嘆いていた。神社の池といえば、在来種のイシガメやクサガメの楽園だったが、今では外来種のミドリガメの占領下にあるようにさえ思える。

 このカメの正式名はミシシッピアカミミガメ。北米原産で耳の辺りに赤い模様がある。生存競争が厳しい世界でもまれているからか、とにかく繁殖力が強い。生態系への影響が大きい「日本の侵略的外来種ワースト100」にも指定されている。子ガメは夜店などでも人気だが、育つにつれて池にこっそり放されることが多いようだ。

 「カメがいる神社の池だと、ペットを捨てるという後ろめたさが薄まるからでは」と神社も困惑ぎみ。のんびり甲羅干しする姿とはおよそ無縁の弱肉強食の現象に、日本固有の生き物を駆逐する外来種問題の縮図を見る思いだ。 

=2010/06/20付 西日本新聞朝刊=
スポンサーサイト

| ニュース | 02:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kamenetworkjapan.blog28.fc2.com/tb.php/37-21b403cd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。