NPO法人カメネットワークジャパン スタッフブログ/カメら目線

カメネットワークジャパンの活動など、カメ(とカメにかかわる人たち)の目線でいろいろお伝えします。

2011年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アースウォッチ・ジャパン国内プロジェクト 「固有種ニホンイシガメの保全」参加者募集開始です!

アースウォッチ・ジャパン国内プロジェクト 「固有種ニホンイシガメの保全」の詳細が決まりました。


日程:チーム1:2012年2月18日(土)~19日(日)[1泊2日]
   チーム2:2012年2月25日(土)~26日(日)[1泊2日]
研究分担金:2,500円

当会の代表理事でもあり、本調査の主任研究者の小菅らにより1993年より継続的に越冬期の調査が行われています。この調査地には、日本固有種であるニホンイシガメ(以下:イシガメ)とクサガメが生息していますが、河川に新しい橋を渡すため河床を一部掘削し護岸が施され、また、水田を分割するように道路の建設が始まりました。

これらの人為的な環境の改変が淡水性のカメの生態にどういう影響を与えているのかを明らかにするため、継続的な調査をしています。また、こうした人的な環境の改変に加えて外来種の侵入による影響で、淡水性カメ類は個体数が減っていると指摘されていますが、過去の生息数に関する知見は乏しい状況です。この状況の追跡調査も行います。


本プロジェクトの詳細はこちらをご参照ください。

皆さんのご参加、お待ちしております!
スポンサーサイト

| お知らせ | 23:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。