NPO法人カメネットワークジャパン スタッフブログ/カメら目線

カメネットワークジャパンの活動など、カメ(とカメにかかわる人たち)の目線でいろいろお伝えします。

2010年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

9/15北海道新聞:サケ定置網に巨大オサガメ

写真付き記事はこちら

【紋別】紋別港沖の秋サケ定置網に14日、主に熱帯の海に生息する世界最大級のカメ、オサガメがかかった。発見した時点で死んでいたが、ベテラン漁師らは「こんなに大きなカメを見たのは初めて」と驚いていた。

 このオサガメは体長1・7メートル、体重250キロの雄。紋別漁協の冷凍工場で保管し、道立オホーツク流氷科学センターでの展示を検討している。

 今季のオホーツク海の水温は平年より3~4度高めに推移。同センター所長の青田昌秋北大名誉教授は「暖流に流されて、水温の高い紋別沖に来た」とみている。
スポンサーサイト

| ニュース | 14:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。