NPO法人カメネットワークジャパン スタッフブログ/カメら目線

カメネットワークジャパンの活動など、カメ(とカメにかかわる人たち)の目線でいろいろお伝えします。

2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

8/6産経新聞:世界初、外来種“共存”カメの楽園 須磨水族園、駆除せず収容

写真付き本文はこちら

 神戸市立須磨海浜水族園(同市須磨区)は、増え続ける淡水ガメの外来種「ミシシッピアカミミガメ」を大量収容することで“駆除”に一役買い、減少傾向にある固有種のニホンイシガメを守りながら淡水ガメの生態を研究するユニークな施設「亀楽園」を7日、園内に開設する。

 「ミシシッピアカミミガメ」は、一般的によく知られる「ミドリガメ」の正式名称。同水族園は「殺処分せずに『駆除』する世界初の施設としてモデルケースになれれば」としている。

 亀楽園は約90平方メートルの施設で、カメ約3千匹の収容が可能。淡水のアカミミガメなどの生態の研究は進んでいないといい、生態調査や、不妊化の研究も行う。同時にニホンイシガメの保全に関する研究や、地域の子供たちの教育にも役立てる。

 同水族園の亀崎直樹園長によると、アカミミガメは昭和40年代から、ペットなどとして米国から大量輸入された。繁殖力が強く、亀崎園長らが兵庫県内で調査したところ、約80匹捕獲したカメの7割がアカミミガメで、ニホンイシガメはゼロだった。

 亀崎園長は「殺処分には抵抗も多いはずだが、一方で外来種が増えれば雑種化が進む。早く手を打つ必要がある」と話している。


須磨水族園『亀楽園』についての詳細はこちら
スポンサーサイト

| ニュース | 13:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。